過保護のカホコをリアルタイムで見られなかった見逃した人は見放題で一気に見よう!

『過保護のカホコ』は、2017年7月12日から9月13日まで日本テレビ系水曜ドラマ枠で放送されていた日本のテレビドラマ。主演は高畑充希で、水曜ドラマ枠及び民放ドラマとしては本作が初主演となる。

過保護のカホコ第1話の動画

保険会社に勤める根本ねもと正高まさたか(時任三郎)の目下の悩みは、大学卒業を控えて就職試験に落ち続けている一人娘・カホコ(高畑充希)の将来のこと。両親から溺愛され、超過保護環境で育てられたカホコは、未だに母・泉いずみ(黒木瞳)の助け無しには朝起きることもその日着る服を選ぶこともできない奇跡の箱入り娘。娘以外のことに関心を持たない妻とカホコの異常な依存関係に危機感を感じつつも、プリンセスのように笑いかけてくるカホコを甘やかすことをやめられない正高は、自分も子離れできずにいた。

 ある日、同じ大学に通う画家志望の麦野むぎの初はじめ(竹内涼真)から「お前みたいな過保護がいるから日本が駄目になる」と批判されたカホコは、初めて自分に向けられた棘のある言葉に驚き、意味がわからないままショックを受ける。

 そんな中、泉の実家で親戚一同が会するカホコの誕生会が開かれる。自分たちの教育方針を疑わず、カホコに甘やかしの愛情だけを注いできたぬるい大人たちが集まる中、カホコの従姉妹で高校生のイト(久保田紗友)だけは類まれなチェロの才能に恵まれ、プロのチェリストになる夢に邁進していた。自分には自慢できるものがないカホコは、そんなイトをどこか羨ましく、泉は面白くなく思う。さらに、正高のコネで入社できると思っていた会社からも不採用を言い渡されてしまったカホコは、泉から就職せずに花嫁修業をすればいいと言われ、あっさり就活をやめてしまう。

 それでも、以前初から投げられた「何のために働くのか?」という問いに答えが見つけられないでいたカホコは、改めて初に働く目的を問い返す。人知れず自分の絵の才能と将来に不安を感じていた初は、カホコの透き通った瞳に答えられず、苦し紛れに「働いたこともない奴にはわかるわけがない」と、労働経験のないカホコに自分のアルバイトを押し付けるが…。この初との出会いが、今まで眠っていたカホコの「本当の力」を目覚めさせ、家族間に隠れた問題を次々と解決していく。

あらすじを読んだら、そのまま動画を一気に見てしまおう!

過保護のカホコ第1話 話事のネタバレが知りたい方はこちら

第1話を見る

誤解されるかもしれないがこれは私が住んでいる街の境界線ではないじゃあ何かと言われると説明が難しいので後にさせてもらうとしてこのマンションの4階の部屋が我が家だ20年前に購入しあと5年でローンを完済する家族は妻の泉と一人娘の ぺこはれママこれどっちがいいと思うよ分かんないでも私ならこっちかなんだよね未だに妻がいないと服を決められず毎朝妻が運転する車で送ってもらうので駅まで歩いたことがない物があった時だけ送ってもらえる あーそうやって取れなくそれってんだお迎えはいつもの時間でいいかってで迎えに来てくれるからいいかな ただのいい人だから 早くこれで食べたらもしかしてまた演奏のプレゼントものじゃないのコンサートだったらいくらすると思ってんのそんな上等なもんじゃないから聞いていただけますか素人の私にもわかるこの子には類まれな才能がある庶民の代表みたいなこの二人からこんな子が生まれるなんてまさに鳶が鷹を生んだ感じだかほご祈祷心のどこかで感じてるんだな何も自慢できるものがない自分と才能があふれるいとことの違いを ここに出してあるか分かったパパこの前面接を受けたパパの取引先大丈夫だよねかほこ妻は外から侵入した時は一切容赦しないなんでもない 無理だって彼にここから先は何があっても運転しようとしないつまりこの LINE は彼女にとって国境線なのだそして自分の国を出ると彼女の性格も一変する 来ないんだしこの人はいくつになっても子供を送っているコアラみたいだもしかしてこれが我が家の未来図なのかだったらなんとかせねば 何見てんだよ何かあったのかなーと思ってなんか辛そうな顔してたから親と喧嘩でもしたしてねーよそんな顔をやることどうでもいいだろはいはいお前こそ今日も一段とお気楽な顔しててママだって今日は1時半の誕生パーティーだからそんなことしてる場合ですか内定ひとつもないのにすることにしたほうがいいよってお前は何のために働くのかっていつまでもこんなことしてていいのかカホコのことだからさもう子供じゃないんだしそろそろ海に来て何これ 控えが忘れんなよこんな感じでお待たせしましたこれから書いたんだけど この前話した正社員になる話だけど真剣に考えてこないあーそれはまた改めてってことだよねこの前聞いたでしょお前は何のために働くのか教えてみんな何のために働いてるの なんだよこの金魚みたいな顔は何かわかんないけどなんでそんな小さいんだ声が何しました 急に飲まなきゃいけなくて

過保護のカホコ第2話の動画

 自分は「人を幸せにするための仕事」がしたいのだと気づいたカホコ(高畑充希)に、母・泉いずみ(黒木瞳)は専業主婦になって家族を幸せにすればいいと勧め、父・正高まさたか(時任三郎)は娘の成長の兆しを感じていた。カホコが大学の同級生・初はじめ(竹内涼真)から「社会に出て働くのが怖いのではないか」と指摘されたことを知った泉は、まるで自分が言われたかのように憤るが、父親や親戚の職場見学をして理想の仕事を見つけたいと言うカホコに同行することに。

 正高は会社に見学に来たカホコに自分の仕事を説明するが、なぜ今の会社に就職したのかという質問にうまく答えられず、警官の叔父・衛まもる(佐藤二朗)と看護師の叔父・厚司あつし(夙川アトム)は自分たちの仕事のキツい面やマイナス面がカホコには合わないのではないかと答える。
 なかなかピンとくる仕事が見つからず悩むカホコは、初から勧められた色々な職業が紹介してある本を読み漁る。しかし、どの仕事もカホコには向いていない理由が見つかるばかり。泉は結局就職より花嫁修業をするのが一番の得策なのだと主張する。

 そんな中、カホコはプロのチェリストを目指す従姉妹のイト(久保田紗友)にチェロを始めた理由を尋ねに行くが、ウィーン留学のかかったコンクールを目前にイトが手首の痛みを隠して練習を続けていることを知ってしまう。周りに心配をかけないために黙っていてほしいと頼まれるカホコだったが、イトの両親を始め親戚一同が寄せるイトへの過剰な期待とプレッシャーの前にカホコはママに初めて秘密をつくる。

 コンクール当日。勝手にイトの優勝を確信する親戚たちの中、カホコは自分しか知らないイトの手首の痛みに気が気でない。そして、とうとうイトが演奏する順番が回ってくるのだが…。

あらすじは以上です、早く動画を見たくなりますね。

過保護のカホコ第2話 話事のネタバレが知りたい方はこちら

第2話を見る

この小さな王国に住んでいるお姫様がこのお話の主人公だこの小さなお城で大事に大事に育てられたお姫様は小さい頃から女王様に何でも頼りきりで自分一人では何一つ決められずお前は小さい頃から変わらない子がいるとそばにいるとお姫様は尻尾の生えたカエルも入れてくる昨日しっぽが少しだけ短くなった気がしたけど気のせいかな もしかしてインチキ商法か新興宗教の勧誘じゃないのきっとそうよ最初見たときから胡散臭かったしお前この前はいい子って言ってなかったか 無理だなあつしくんごめんいつもお願いできるかな分かりましたどんな仕事が見学してきたんだ昔はこの歳になっちゃったのよねおばあちゃんはここにはどんな仕事が向いてると思う専業主婦だやめたほうがいいよ本当に大変だからまたこんな感じになる今日は成績も優秀で良い会社に入ったのになんでそういうこと聞く別に 怖くて叫んでるんだよね普通にあったそう感じがそうやけど100円なら来てみました遺伝の叫び声が聞こえてくるから おばあちゃんは専業主婦は苦労するからやめたほうがいいってそんなこと言ってたのに問題があるからで家みたいに仲が良くて幸せな差別が普通なんだから何て言っていいかなどんな時も家族を守らねばならないのですけどちょっと待って私はあの子のプロになる絶対叶えてあげたいのその為ならば親として何でもするからそれでなんなのよ今度の日曜のコンクールがあるって言ったでしょパパもママもたまきちゃんもまもるさんも来るって言ってるんだけど泉ちゃんどうするかよねでも今色々大変だからさもしダメだったらごめんってことで2時ね誰にも言わないでもらえるお母さんたちに心配かけたくないのを買ったここちゃん今日はどうしたの聞いたことなかったなと思っていたジャンは何で治療を始めようと思ったの小さい頃から音楽が好きだったんだけど小学生の頃卒業生がチョロ名前としてるの聞いて体が震えるぐらい感動して自分が探してたもの見つけたと思ったのか運命の人に出会ったみたいだねそれからずっと私は茶色が好きこの世界から誰もいなくなってもチェロさえらばいいって思うぐらい好きたぶん大丈夫だよかおこちゃんならそうかな頑張ってね応援してるありがとう 心配して大変なんだよ父ちゃん大丈夫よね優勝するよねって思ってたじゃないかさせてください 我慢しなさいどうだったのなんか思い通りに手が動かせなくなる神経障害みたいででもほらなるんでしょそれが原因がよくわからない病気何で完治できるかどうかということ日常生活に支障はないんですけどチェロを続けるのは難しいとしてください前からあったみたいなんですけどずっと隠してたみたいで私が悪いんです気づいてやれなかったから 知ってたんだ赤ちゃんの手首が痛かったことコンクールの前にいとちゃんに会った時に偶然見ちゃってでもいとちゃん誰にも言わないでって言ってたからねどうしたらいいかなママとかここだけの秘密にしよう俺もいるんだけど今更起きてしまったことは変えられないしそれにもしここが設置等に手首のこと正直に話したとしても糸がコンクールに出るのやめたと思う私ならないなんでしょだから誰にも言っちゃダメよが気にしても仕方ないしねそれでいいのかなもうちょっと今後のためにすれば一番いいのか考えてないと思うこのままだと残ってしまうかもしれないいいことを言える自信が全くないこういう時しみじみ感じるんだよな次何かしてあげたいってわけねネットで見たら苦しんでる人を思いやる三つの方法とか絶望したときの対処法とかなんとか みんなの前で無理してならやっぱ みとちゃんだったら大丈夫だからちょっとスカート長くて大人しい絶対奇跡起こせるから応援するからさこれからも続けていたため一生懸命節約して働いてたなこと言わなくてもわかってんだよ分かってから必死で平気なふりしてんだろうがこっちはそれなのに上から目線で説教たれてんのあんたマジ馬鹿じゃないのだろじゃねえよこの顔 どうしたらずっと待ってたのに連絡もしないで聞いて聞いてたんだけど思ったより元気そうだったから安心してここの今日お見舞いに行ってきたよ そっかこれからもちょくちょく会いに行ってやってねわかったじゃあちょっと着替えてくるねここ大丈夫どっか具合でも悪いんじゃないの

主婦の子育て日記

過保護のカホコ第3話の動画

 人間には表の顔と裏の顔があることを目の当たりにし傷付いたカホコ(高畑充希)は、泉いずみ(黒木瞳)と正高まさたか(時任三郎)にも話せなかったイト(久保田紗友)との確執を初はじめ(竹内涼真)に打ち明ける。自分を受け止めてくれた初の意外な優しさに心打たれ、初が夢にまで出てきてしまうカホコだったが、娘の異変を敏感に嗅ぎ取った泉から、初に会うことを禁止されてしまう。
 それでも、大学では同年代のカップルがどこか羨ましく、なんとなく初を探してしまうカホコ。母に後ろめたさを感じつつ初に会うが、自分と正反対の女性がタイプと知り落ち込み、さらには恋愛相談に乗ってやるとまで言われてしまう…。

 そんな中、イトの母・節せつ(西尾まり)から入院中のイトの様子がおかしいので力になってほしいと連絡が入る。チェリストの夢が絶望的になったイトから「親戚の奴らみんな大嫌い」と本音をぶつけられ顔を合わせづらいカホコは、初に頼み込み自分の代わりに入院中のイトと話をしてもうらうことに。しかし、同じ芸術の道を志す者として気が合う2人の様子を見て複雑な気持ちになってしまう。

 叔母の環たまき(中島ひろ子)から自分の気持ちが恋だと指摘されたカホコは、親戚夫婦の馴れ初めを聞き漁り、正高が泉を好きになったきっかけが手作り弁当だったと知ると、花嫁修業と偽って泉に弁当の作り方を教えてほしいと頼む。さらに、思わぬ成り行きで初に告白しようということになり、インターネットで得た情報を駆使するが…。陰ながら娘の初恋を応援する正高は、初が好きそうな洋服を買いたいというカホコを手伝うが、泉は様子のおかしいカホコに目を光らせていて…。

 そして、イトの退院を祝って再び親戚一同が集まることに。イトとの再会に緊張するカホコだったが、初恋をきっかけにそれまで盤石だったカホコと泉の絆に予期せぬ亀裂が生まれようとしていた!!

あらすじは以上な感じで、見逃した方はぜひ見てみませんか?

過保護のカホコ第3話 話事のネタバレが知りたい方はこちら

第3話を見る

この小さな王国に住んでいるお姫様はこの小さなお城で大事に大事に育てられた井戸ちゃんのことママに秘密にしようとするのは決して間違ったことじゃないそれはお前の優しさだろお前の愛だよだからもうこれじゃ自分を責めるな思いっきり泣いて忘れるこれからママに言えないことがあったらそれで俺が聞いてやるから みとちゃん元気なのかなって想像してたのがよほど麦野くん悪い人じゃないよ何言ってるのこの前という機能と2度も寝たまま帰ってきたのよその間に変なことでもされたらどうするのはお年頃の男の子ってみんな狼なんだから今どんな想像をしているんだかもだからもうダメよ だからもうあっちゃダメよ何かあった後じゃ遅いんだから なんだよねあれから何か欲しいものあったら買ってくるけど何でも言って何もない千羽鶴男落としちゃっただけだからならいいんだけどまたお見舞いに来てくれないかなここにならないかもしれないからさ カホコたまきちゃんどうしたの元気ないけどそんなことないよそれよりとまきちゃんとしたの自分の薬もらいに来たついでに糸のお見舞いに行こうかなと思ってそれはちょっとやめたほうがいいので今お客さん来てるみたいだしかほこもちょっとこの子ちゃんに聞きたいことがあってともきちゃんはどうしてまもロリちゃんと結婚したの初めて出会った時に運命を感じたのかなと思ってたんだけど諦めずに待ってた甲斐があったって感じ男を好きになったのかな ちょっと不満なんだよな今の答えじゃ今から考えたらママが作ってくれたお弁当を食べた時かもしれないなこの人と結婚しようと思ったのパパの好きなものがいっぱい入っててすごく美味しかったから じゃあ俺は練習だなってるからやってみろそれは何か思い出せんだよな今から 年取って実家に帰ってくると出戻りとか言われていられるから 釣り糸と何かあった 暑かったろ大丈夫治るよねそう思いたいですけど どうしたんだよなさっきから何だかピリピリしてるけどさ嘘ついてたから麦野くんと会ってたんでしょそんなことないんじゃんお弁当男子てたんでしょママ何でもお見通しなんだからねなんでママに隠れてそんなことするのは今まで1度もそんなことなかったじゃんそれが一番傷ついたのに裏切られたみたいでこんなことしないって約束してはママの言うとおりにしてれば間違いないんだからいい世の中で一番関わっちゃだめなのは役者とミュージシャンとかの卵なのでとっても夢を追いかけるとか言って働きもしない女に貢ぐだけ見積もりをする価値がないとわかったら他に女を作ってとっとと逃げていくのそんな奴とか変わって人生台無しにしてもいいのよ来ないよね分かったんなら仲直りしているか今日は何か結論が出たことになってるぞここは父親として何か言わないとママの気持ちがよく分かるけどさ話もちゃんと聞いてやったらどうかなともママに秘密にしてたことはちゃんと謝って自分の気持ちをわかってもらうこれならいけるかもしれない気持ちはよくわかるけどさ

過保護のカホコ第4話の動画

 カホコ(高畑充希)が生まれて初めて泉いずみ(黒木瞳)に反抗したことで、固い絆で結ばれた母娘の関係は冷戦状態に突入する!間を取り持とうと奮闘する正高まさたか(時任三郎)は、お互い譲らない2人の板挟みにあってしまう。

 そんな中カホコは、勢いで告白したまま逃げ出してきてしまった初はじめ(竹内涼真)と顔を合わせづらく悩む。人は誰かと出会うことによって自分を変えることができるという叔母の環たまき(中島ひろ子)の言葉に励まされ、改めて初に会うカホコだったが、変な期待をさせない方がいいと思った初から、過保護でガキっぽいところがタイプではないとあっさりフラれてしまい…。
 人生初失恋のあまりのショックから食事もとらず部屋に引きこもるが、失恋中もしっかり空腹を感じることに自己嫌悪で落ち込むカホコ。正高は泉に隠れてカホコに差し入れをするが、そのことが泉にバレて過保護だと責められる。

 一方、退院したイト(久保田紗友)はカホコを通じて知り合った初を訪ねるが、チェロを弾けなくなったことを親のせいにするイトに、初は冷たく接してしまうのだった。
 部屋に引きこもったまま『失恋から立ち直る方法』を調べるカホコに、正高は気分転換のため泉の実家を訪ねることを提案。しかし、集まった親戚もタイミング悪く各々の家庭の問題を抱え、いつもおしゃべりな泉がいないこともあって空気は沈んだまま。失恋の痛手を忘れるにはお酒が効くと聞いたカホコは、初めてお酒をガブ飲みし、酔ってしまう。そして、その勢いのまま初の元へ向かう!

という事で、あらすじから見ても、めちゃくちゃきになりますよね。

過保護のカホコ第4話 話事のネタバレが知りたい方はこちら

第4話を見る

この小さな王国に住んでいるお姫様はこの小さなお城で大事に大事に育てられ小さな頃から女王様に何でも頼りきりだったけど今 おいちょっと待てよこうして我が家はかつてない冷戦状態に突入した それでは何しに来たんだよお前は昨日のことなんだけど全然気にしなくていいからあれは顔が一方的に一君に気持ち伝えただけで初めてに何とかしてもらおうとかそういうことじゃないからだから全部忘れてくださいそれでは自分が親権っていうのはちゃんと開いた方がいいんじゃねえのか隠された何だったんだ そうだよねここもはっきり言ってもらえてスッキリした失礼します今日はしっぽが長くなってるぞカホコどうしたかどうか具合でも悪いのかただいま明日は夕飯いるの今日の夕飯はオムライスだぞ 買ってきたぞは関係あるかそんなに慌てると喉詰まらせるぞこのまま一生何も食べないとか言われたらどうしようかなと思って心配したよどうやって この頃よくわかんなくなったさ自分が本当は何を書きたいのかだからこれやっちゃったから私も落ち込んでて一緒にいるので登る女私は本当に2人から生まれてきたのかって病院で取り違えたか何かで本当のお家はどこかにいるんじゃないかってあんな貧乏な家に生まれてなかったら他のキャラやってる子みたいにもっといい学校に行けて病気にもなってなかったかもしれないのに散々泣いたし自分の趣味に没頭する自分を磨く彼のメアドと電話番号を消去する 俺はどうしたんだ今日はみんななんか元気ないな今日はちょっと辛かった もしもしママ何カホコと喧嘩したのここが言ったのそんなこと言わなくたって分かるわよそれくらい原因はもしかしてあの子に好きな人ができたから別にいいじゃないのあの子大人なんだから私は別に恋をするのがいけないって言ってるんじゃないの相手の男がいけないって言ってるの本当にそう相手の男が誰でもまた反対するんじゃないのそんなこと動画 このこと何大事なのはいつも冷静でいることと親切でいることだ無理するなよ泉お前は何でもできるから次頑張りすぎちゃうんだよ家の事もカホコのこともまあ俺が頼りないから悪いんだけどさこれからは俺もできることは何でもするからさだから今回はお前の方から俺てくれよ河北が初めて人を好きになったんだし誰よりも相談したいのはママなんだからさわかってくれればそれでいいな今回はかなりの確率で行けるかもしれない泉 人生不思議な運命が僕が男と付き合ったらそれが誰でも反対するだろうと思ってたんだけど君にフラれて元気のない娘の姿を見てたらあの子のために何かしてやれないかと思って私と妻がカホコがいないと生きていけないように楽しいけど顔も君がいないとダメみたいなんだ今大人になろうとしているからこそ君のように何でも言ってくれる人が必要なんだと思う情けない話私と妻はどうしても過保護にしてしまうからいや正直言うと妻と娘が口をきかずにこのままずっと家で最悪の雰囲気を続けるのが耐えられなくてだからわかりましたありがとうその代わりひとつだけお願いしてもいいですかもちろん何でも言ってもしかして ごめんな大丈夫どうしたのちょっと見てもらいたいものなんだけど俺にはお前が必要なんだよお前が俺の良いって言ってくれたらそれは嘘やお世辞じゃなくて心からそう思ってるって信じることできるし自信もなくしたそれじゃあなんかもしれないけどこれからもちょくちょく俺の絵見て感想を言ってくれないかなまたこの世界で家族以外にも自分を必要としてくれてる人がいていつでも会いたいと思ってくるのってこんなに嬉しいんだねなんか私も生きてていいんだよって言われてるみたいでまた明日ね前から食べたいって言ってたどら焼き2時間並んでゲットしたからもう喧嘩はやめて3人で一緒に食べるただいまなんだと思う 韓国ママにちゃんと謝ったのかした方がいいかな

過保護のカホコ第5話の動画

 カホコ(高畑充希)と泉いずみ(黒木瞳)が都合のいい時にだけ自分を頼り、スポンサーとしか思っていないことにキレた正高まさたか(時任三郎)は家を飛び出す。心配するカホコをよそに泉は「反省するのは正高の方だ」と主張し、正高に連絡することを禁じる。一方、実家に身を寄せた正高は、出戻りの妹・教子きょうこ(濱田マリ)から煙たがられ、生気の無い両親のもとで居心地の悪さを感じるが、妻と娘の方から謝ってくるだろうと意地を張っていて…。

 初はじめ(竹内涼真)から絵のモデルを頼まれたカホコは、親に甘えるのをやめて将来のことを考えるいい機会なのではと助言される。社会経験を積むためにアルバイトとインターンを探し始めたものの、当然のようについてきた泉が勝手に職場を決めてしまうばかりか、失敗ばかりするカホコを見ていられず、仕事でも手助けしてしまう…。

そんな中、親戚の間でもトラブルが続発!衛まもる(佐藤二朗)との今の幸せが壊れることに不安を感じる環たまき(中島ひろ子)は喘息で病院に運ばれ、チェロが弾けなくなり非行に走ったイト(久保田紗友)は警察に補導される。再び初に相談したカホコは、初が自分を捨てた母親に今でもただならぬ思いを抱いていることを知る。問題だらけの親戚のため、そして家族のいない初のために何かできることがないかと考えるカホコに成長を感じた祖母の初代はつよ(三田佳子)は、カホコを信じて子離れするよう泉に助言をするが…。

同じ頃、カホコからの連絡に待ちくたびれ、途方に暮れた正高の元にカホコが現れる。喜ぶ正高だが、カホコは家に帰ってきてほしいと言い残し、全速力で姿を消してしまうのだった…。

カホコはもう一人、自分が救いたい初の元へ向かっていた…。

あらすじを読むと、とても続きが気になりますね。

過保護のカホコ第5話 話事のネタバレが知りたい方はこちら

第5話を見る

この小さな王国に住んでいるお姫様はこの小さなお城で大事に大事に育てられ小さな頃から女王様に何でも頼りきりだよいつもの儀式もめでたく復活したけどねいつもと違うのは私だけはここにいないことだか 2カホコ麦野くんと友達になったんだよね対象じゃないってはっきり言われたし必要あるかな男女の間に友情は成立しないって言うし私ならやめとくなはじめ君の方がいいかどうか判断するのにここが必要なんだってそれにはじめくんカホコに新しい事いろいろ教えてくれるじゃあママ行ってきます あのこれでお願いしますすみませんお貸ししますどうしようパパチャージするの忘れてた 本当に家に転がり込んできたらシャレんなんないんだからねねお母さんそれ持ってかれても取られるんだからこの家で育った人がたくさんいるんだってことが分かった過去がいかに恵まれてるかってこと 今度は何だってやっぱり家の近くの学童保育とかがいいんじゃないかなって やっぱり顔声を向いてないんじゃないかな子供相手の仕事なんでだって今の子みんな過保護だから今日みたいなことしょっちゅうだよきっとでも頑張るよ好きだしそんなもんじゃないよカホコ覚えてない幼稚園の頃ジャングルジムから落ちて大泣きしたの申しようなことが起きたらもうそれこそモンスターペアレンツが怒鳴りこんできて大変なんだからそんなのに耐えられるられないよねその時のことは今でも覚えている妻は泣いている顔だけながら幼稚園の先生全員の全人格を全否定しそんな妻を宥めようとする私を散々責めたものだあちなみに私は今どこにいるかと言うとこんな情けない状況だ今日はここから電話かかってこないこの人純粋で内部すぎるなよ来てくれたんだありがとう怒らないであげても反省してるわけじゃないのよ幸せが壊れるのが怖いこれから悪いことが起きそうでどういう意味ともきちゃんできればお願いがあるんですが警察から連絡がありましてですね娘が補導されたらしいんですが自分で言ったことにはならないから黙っててもう帰っていいんですよね あーもうやめやめやめやめなんでねーよお前がこの前より一段とひどい顔してるからだろ心配なのかまだパパが帰ってこないかなそれだけじゃなくてちょっと色々あって出会い系に走って補導されちゃったりとかしてどうしようどうしようもないだろお前ら何ができる問題 ジャイアント馬場何かできることないかな今まではいつも幸せでないのが当たり前だと思ってたからせっちゃん家真姫ちゃんから笑顔が消えちゃうのが嫌なのでも逆に変なことしちゃってみんなを傷つけるのも嫌だし何かついてる少し大人になったみたいだからカホコがが好きな人のお金で買わせてくれないその人とその人に何かしてあげたいんだけど全然いいことが思い浮かばなくてカホコと違ってその人家族がいないみたいだから寂しいんじゃないかなって思うんだけどどうして笑うのママにも同じような事言われたら好きになった時お弁当でも作ってあげたらいいかもねでも料理できないからおにぎりにしたらそれなら簡単だしそうだねごめんね何時に帰れるか分かった今日迎えは大丈夫ちょっと遅くなるし一人で帰れるからもしもしママごめんちょっと忙しいんだけど今すぐ終わるからねカホコのことなんだけどなにあんたが誰よりも愛してるのは分かるんだけどそろそろ好きにさせてやったらまた文句言わないけどこのままだとあの子社会に出てもやってないわよそれとも昔はあんなに成長を願ってたのに今は娘が成長しない方がいいとでも思ってるのにそんなわけないじゃないだったらでしたらこの頃思うのよあの子私たちが思ってるよりずっと強い人間なんじゃないかって確かに物事飲み込むのに時間がかかるけど一旦納得したら人の何倍も頑張ってこっちが考えてる以上の力出すの形はがんこにできるだけのことしてあげたいのずっと一緒にいたいけどそうはいかないしとけばよかったもっと脚とけばよかったって後悔したくないのよ子育て後悔しない母親なんていない私たちにもっと色々な事してあげれば良かったって散々思うしでもね最後は覚悟を決めるしかないわよたとえ子供が転んでも立ち上がると信じて愛するより信じる方が難しいんだから結局今日の夕飯食べてくんだお兄ちゃん 食費もちゃんと渡したら女々しく写真見てるんなら帰ったらどうせ迎えに来やしないんだからカホコうるさい赤ん坊の時俺がいないいないばあをしたら本当に嬉しそうに何度も何度も笑ってくれたんだみんなにママに似て可愛いお子さんですねって言われるたびに俺は心の中で寂しい思いをしたけどでも観光が幼稚園の時に一緒にテレビを見ていたら投げ出して足の形が俺にそっくりなのに気がついて本当に嬉しかったなやっぱりそう思ったら何があってもこの子だけは守っていないお兄ちゃん俺は本当に必要な 宇治市の 本当にやる馬鹿だってそんなことする子じゃないだろできること見つかるわけね 娘さんとも会えなくなるのは嫌です馬鹿がつくぐらい単純で素直だけどいつもこっちの予想以上のことをするんで目が離せないっていうか頑張らなきゃなと思いし二人が何でそんなに見せなさを可愛いと思うのかやっと分かりましたできれば交際を許してほしいと思ってますけど今こんな子なんでまた改めてお願いします失礼します お風呂入んなさいママママ何言ってるの自分でやるもうママに甘えないようにする朝は自分で起きる洋服も自分で決める自分で食べた食器は自分で洗ってお弁当も自分で作るいつも自分で買えるしボタンがもし取れたら自分でつける生き物が送り迎えもしてもらわずに自分で歩く花嫁修業のことも就職のことも一回自分で考えてからママに伝えるようにするそうしないといつまでたっても大人にならないような気がするからそうしてもいいかのママどうしたのかなもしかして怒らせちゃったとかそんなことないと思うけど

過保護のカホコ第6話の動画

 カホコ(高畑充希)の脱過保護宣言を受けて突然家を出てしまった泉いずみ(黒木瞳)。根本家では残された正高まさたか(時任三郎)とカホコが慣れない家事に手を焼き、家の中はメチャクチャに。
 一方で初はじめ(竹内涼真)が両親の前で交際を申し込んでくれたことが嬉しいカホコだったが、「カホコと呼ぶこと」と「好きだと言うこと」の2つのお願いに、照れる初はなかなか答えてくれず…。

 出て行った泉を説得するため、正高は泉の実家・並木家を訪ねる。しかし、泉から口をきいてもらえないどころか、夫婦喧嘩をして家を出てきた泉の妹・節せつ(西尾まり)がタイミング悪く転がり込んできて、正高の説得はスルーされてしまう。
 その頃、料理ばかりか掃除や洗濯が一切できないカホコが家事に挑んだおかげで家の中はさらなる惨状を極めていて…

 再び並木家を訪ねる正高だが、今度は家出をした泉の妹・環たまき(中島ひろ子)が駆け込んできて、またしても正高の説得はうやむやに。逆に根本家には、実家で娘の教子きょうこ(濱田マリ)の借金トラブルに巻き込まれそうになった正高の父・正興まさおき(平泉成)が逃げ込んでくる。親戚中でトラブルが勃発していることを相談するカホコに、初は心配しなくてもすぐに元に戻ると話す。照れながらもカホコのことを名前で呼ぼうとする初だったが、そこにすっかり印象の変わったイト(久保田紗友)が割り込んできて…。

 そんな中、女たちの集まる並木家と反対に、根本家には妻に出て行かれた夫たちが続々と集結。妻の悪口で盛り上がる男たちの間でカホコは意外な行動に出る!

あらすじはこんな感じですが、続きがとっても気になりますね。

過保護のカホコ第6話 話事のネタバレが知りたい方はこちら

第6話を見る

この小さな王国に住んでいるお姫様はこの小さなお城で大事に大事に育てられ嫌です娘さんとも会えなくなるのはやだよ2人がなんでそんなに店の差を可愛いと思うのかやっと分かりました小さな頃からでも頼りきりだったが この前はパパが切れたと思ったら今度はママが出てきちゃったんだこの子の目が離せないねお前の家族はどうしたらいいか考えて単純に戻ってきてほしいならここにはママが必要なので言えばいいんじゃねえのか何の解決にもなってない お前が俺とか他に必要なことぐらい自分が一番分かってるだろ無理だな今のは絶対無理頼むよ戻ってきてくれよいやいやいや直接喋ろうよダメだってわかってるだろこんなこと言ったのはお前が必要ないって意味じゃないことくらい無理なこと言ったことも気に食わないんだろうけどもう一度二人の話をちゃんと講師と一段と強いなでもライオンにならねばいつまで続く ちゃかめっちゃかになっちゃってそんなこと言ってないだろ俺もカホコもお前に今まで通り家にいてほしいだけで頼むから言いたいことあるんだったら直接話そうよ何やってんのその言葉を送りたい たまにはこの前あんたが家に転がりこんできた時面倒見てあげたんだし久しぶりに一人になれたからお友達とお芝居では行ってみようと思ってんのよ何のこと言ったんだよそっちに行くかもしれないからその時はよろしくねなんでもしてくれるんでしょ ごめんあげられないものじゃないしここははじめ君のこと好きだからはじめくんもそうなのはっきり言ってここちゃんがすきって 聞いてくれよ顔の家で食事をしてたらな久しぶりだなぁ5人揃って食事をとるのそう言われればいろいろ問題はあるだろうけども俺が育った娘達がみんな幸せでないからママにクローバーママパパママ 好きじゃないから顔も見たくないから 結構男の子に持ってたじゃんと思ってとってうちの店みたいな酒なるばっかりだもんそんな言い方したらバチ当たるわよあっさいい人じゃないのよそれに私なんかと違ってずっと愛されてたし家族に入ってるの忘れてたじゃんそうだよだした土地だったか私になつかなかったじゃない何か住んでてさどうやってそれはね水道がかまってくれないからだって私ばっかり厳しく言ってこの人たちには勝ったじゃない俺はあんたがしっかりしてたからでしょう一番悪いのはどん兵衛なのでそれは小さい頃家で飼ってた子犬どこが悪いよ私が拾ってきたのに私がおいでおいでって呼んでも全然来ない不安になったのもしかしたら私のことなんか誰も好きじゃないのかもしれないってでもねかんこだけは違う顔だけは私の胸に飛び込んできた小さな体で突進してきて私の体に抱きついてきた欲しくてたまらなかったこの子だけは私のこと無条件に愛してくれるこの子の愛情だけはどんなことがあっても信じることができるってそんなカホコ麦野くんに取られそうなのが怖いのそうじゃない私はもう少しカホコと一緒にいたいだけで気持ちは分かるけど子供が船ならいつか怒りをあげて港を出てかなきゃいけないのよ厳しい公開に疲れたらまた港に戻って来ればいいんだから お前のこと知ろうとするからさそれがだめならせめてこのメッセージ見てくれ既読にならないとお前と繋がってないみたいで心配で不安でたまらないんだよママ大好きだよいつでも大好きだよでも何があっても大好きだよママずっとずっと大好きだよごめんねママ何度も大好きだよごめんねママ他に何も思い浮かばなくて大好きだよ 今日もそっとしといてあげて今日はでも大丈夫よ明日になれば必ず帰るから本当のカホコ安心してばあばの予言は絶対当たるから昔私が喘息でた時も明日になったら治るからって言われた本当になったしこっちも帰りなさいこんなところに逃げ込んでないでちゃんと自分たちの問題に向き合わなきゃ 大好きだよかほこ 一生一緒になれないからそんなこと言うねもらえるように夫には言わないでもらえますか私がもうすぐ死ぬなんて知ったらパニックになると思うんで家族には私から何伝えますからお願いします

過保護のカホコ第7話の動画

 過保護を卒業し自立するために努力するカホコ(高畑充希)と、手助けしたくなる気持ちをこらえ敢えて突き放した態度をとる泉いずみ(黒木瞳)に、正高まさたか(時任三郎)は根本家が少しずつ変わろうとしている空気を感じる。
 そんな中、カホコは初代はつよ(三田佳子)が重い心臓の病気を隠していることを知ってしまう。今まで通りの暮らしを続けたいので家族に黙っていて欲しいと頼まれたカホコは初はじめ(竹内涼真)にだけ相談するものの、泉たちに話さないことが正しいことなのか確信が持てずに苦しむ。

 毎年恒例の家族イベントであるイト(久保田紗友)の誕生日会の日が近づく。初代のために親戚一同を集めて楽しい会にしたいカホコだったが、チェロが弾けなくなって以来心を閉ざしているイトが出席するはずがないと、節せつ(西尾まり)が今年の会は中止にしたいと言い出す。なんとかしたいカホコは付き合いだしたばかりの初とのデートも犠牲にし、イトを待ち伏せて説得しようと試みる。しかしイトからは家族だと思っていない、とキツい言葉をかけられてしまう。
 さらに、衛まもる(佐藤二朗)と環たまき(中島ひろ子)からも欠席の連絡が。二人のもとに駆けつけたカホコは、実は環がある秘密を持っていて、自己嫌悪から親戚に会いたくないのだと秘密を打ち明けられる。
 次々に深刻な問題が露呈するカホコの親戚の話を聞いた初は、家族は無理に一緒にいるよりも別れている方が幸せなこともあると話す。初は辛い気持ちを我慢して無理に笑うカホコを心配するが…。

 そして、追い打ちをかけるように正高の実家では、家出をしていた教子きょうこ(濱田マリ)が身元のわからない小さな男の子を連れて帰って来る。現実から目を逸らし解決を「明日」に先送りにする正興まさおき(平泉成)についにカホコは「明日がない人もいる!」と声を荒げる。
家族のために奔走するカホコと、それを心配する初との関係にも微妙な変化が…

とても気になる内容のあらすじですが、今後の展開がとても気になりますね。

過保護のカホコ第7話 話事のネタバレが知りたい方はこちら

第7話を見る

この小さな王国に住んでいるお姫様はこの小さなお城で大事に大事に育てられ自立したんだったら自分の思うようにやればいいじゃないままは金輪際口を出さないから頑張るねママに認めてもらえるように小さな頃から女王様に何でも頼りきりだったが夫には言わないでもらえますか私がもうすぐ死ぬなんて知ったらパニックになると思うんで本当なの今の死んじゃうのバーはそんなはずないでしょ今のお芝居のセリフよ今度ね外でねイベントやることになって電話のシーンの練習をしてたのだからこれはこれはねお芝居の小道具よアホが勘違いするって事は迫真の演技だったってことよねはい女優になれるかしらパパ今のは明らかに付け足したよななんだか遊びに来ないから行くと思ったらこれからは送りもしないから心筋症っていう病気で正確に言うといつ死んでもおかしくない体です嘘本当は誰にも言わないつもりだったんだけどかほこに電話聞かれて慌てちゃってついあんな嘘ついちゃったんだけど何か直す方法とかないの心臓移植心臓の筋肉を切る手術をするしかないのでも歯と歯 体力ないから何か出来ることないかなここにじゃあ二つお願いがあるんだけどそれに一つ目はハグしてくれないかな二つ目は誰にも言わないでほしいのでもお知らせたら大騒ぎするとママにだけは何時に知らせたきっとバーバを入院させてどんなことしてでも病気を治そうとすると思うのそんな負担かけたくないし死ぬならこの家で死にたいのでお願いわがまま聞いてくれないかなココットありがとう ママに作ってもらったのに比べると家屋の弁当ご飯の面積広すぎて全部めっちゃこおかずは缶詰とふりかけ解放食べる機会は怒ってないあほらだからさ俺あの子にまた急に名前呼んでくれて言われたら困るから何とかなーと思ってそこはあんまり喜んでもらえないわけね自分が思ってるよりも強くてたくましいのよそれが証拠に家族が集まるたびに具合が悪かったり悩みがある人見てすぐに気づいてたじゃないのそんなカホコ見ていつも思ってたのよこの子は誰よりも人を幸せにする力があるって一君もそう思わない私が紹介してくれって頼んだんです それよりバカのこともっと大事にしてあげているんですか 将来のこともちゃんと決めてその結果笑うのを望んでるんじゃないのか付き合い始めたばっかりなのにデートもしてるんじゃねーか気晴らしにもなるしどっか行きたいとこねえのかよどこでも連れてってるからちょっと遅くなるかも あでももう少しで説得できそうだったからいつでも好きなチョコチップクッキーを作ろうと思ってんのになんで今年は中止にするかもって出られないって連絡きたから止まってくれたんだかほっこりしないよね大丈夫誕生日会は無理だよねみんなに会いたくないだけ私嫌な人間だからみんなに合わす顔がなくて何言ってるのこの人は誰よりも優しいそんなことないそんなことあるはく私のバッグの中見せてあげても過去にはしててもらった方がいいかも何これ全部私がまみき下の実は若い頃からずっとやってたの今日みたいに発作が出るとなんで自分だけ辛い目に合わなきゃいけないんだってストレスが溜まってもうやらないって思っててもいつまでたってもバレないからやめられなくてでも結婚する前に初めて見つかってマーク二度としないって約束したら家族にも内緒にしてくれるもう昨日まだ仕事があってさ 辛い時は泣いた方がいいってまとまればばあばが病気とわかったから泣いてないんだろ 家で頑張ってありがとう明日俺とデートしないかなーと思ってなんか これからイトヨカホコが結婚して家族増やしてくれればもう思い残すことなんてないのよ今みたいに辛い時こそ家族の力信じて行くとありきたりなこと言わないでくれるここには行ったけど私はここにいる人の顔を見たくないのいい人ぶってみんな偽善者だしちょっと言っとくけど私はここにいる誰の力も借りないから一人で行くからじゃあ勝手にすればこの際だから言わせてもらうけど私も良いとのことあんまり好きじゃない心の底で過去のこと馬鹿にしてるの知ってたからさっきから偉そうなこと言ってるけど偽善者はいいと思うよでも違うよここはいいとのこと心から心配してるからこそこうやって誕生から開こうとしたんでしょう

過保護のカホコ第8話の動画

 カホコ(高畑充希)は家族の考え方を巡り初はじめ(竹内涼真)と喧嘩別れしてしまったことに激しく落ち込むものの、泉いずみ(黒木瞳)と正高まさたか(時任三郎)の前では超ハイテンションで振る舞い、病気の初代はつよ(三田佳子)にも孫が見せられるようにと婚活を宣言する。

 一方、なかなか絵に集中できない初のもとにはイト(久保田紗友)が現れ、自分と付き合わないかと迫っていて…。
 早速婚活パーティーに参加したカホコだったが、今まで初に言われた言葉が次々頭をよぎり会話が弾まず、散々な結果に終わる。
 その頃、並木家では初代の病気についての親族会議が開かれるが、治療費や世話について皆自分の言いたいことを言うばかりで足並みはバラバラ。ついには各々が日頃から溜めていた不満を吐き出し、会議は決裂してしまう。

 婚活に敗れ帰ってきたカホコは、親族会議から逃れてきた初代に花嫁修業として料理を教えてもらうが、初代は無理やり初のことを忘れようとしているカホコが心配で…。そんな中、泉から話し合いが揉めたことを聞いたカホコは、初代に1日でも長生きして欲しいという気持ちは家族全員同じはずだと話し、泉に仲直りを勧める。正高と初代はそんなカホコに今までにない成長を感じる。

 解決策の見えない初代の病気と今後について、どうしても初に相談したいと思うカホコだったが、初から連絡が来るはずもなく…。代わりに教子きょうこ(濱田マリ)から家に連れ帰ってきてしまった迷子(横山歩)を警察に連れて行くのに付き添ってほしいと連絡が来る。男の子は養護施設から逃げ出してきたことがわかるが、送り届けた養護施設で目にした絵をカホコは幼い日の初が描いたものだと直感する!初についての意外な過去を知ったカホコは初にますます会いたい思いがつのり…。

前回があんな感じで終わるとは・・・といった所ですが、さっそく続きをみるなら下記にて紹介しています。

過保護のカホコ第8話 話事のネタバレが知りたい方はこちら

第8話を見る

この小さな王国に住んでいるお姫様はこの小さなお城で大事に大事に育てられこの前上から独立宣言したばかりなのに 花嫁修行したからお婿さん大募集することにしたから一分一秒でも早くここにぴったりのお婿さんを探せるように張り切っていこうぜはじめくん結婚するために恋愛は必要ないママが聞いたんだけど婚活するのかどっちも可愛いと思うけど 分かった付き合う俺お前みたいなやつは合ってると思うんだよね 言わせてもらうけど私はママが何と言おうと一刻も早く手術をさせた方がいいと思うでも体力的に無理だし行ったって治る確率低いってそれにママもこの家で死にたいってだからそれをみんなで説得するんでしょうママ何もしないでママが死んでもいいのよくないよねだけど淳くんの病院に入院させようとして先生に診てもらった方が見つかるかもしれないでもあれから信頼できるドクターに聞いてみたんですけど手術は難しいだろそんなもうちょっと聞いてみますけどお願いね 私の好きにすれば私も知らないからどうやってが悪くなるんだから したくないと言ってるけど病気は治ってほしいでもお医者さんは手術は無理と ねえカホコこの警察に連れてくな付き合ってくんないほらママの親戚で警察の人いるんでしょうけどここから母さんまで寝込んじゃってさそれに捕まりたくないから私ということにネットで調べたのはいくら勝手についてきたからってこのまま家に置いておいたら誘拐犯になるんだって本当の名前はなんでここにいるのって聞いてもうんともすんとも言わないからさ本当に別れちゃっていいのかさんのこと好きだからついてきたんだそんなんじゃないどうして警察行きたくないの逆にいるのか警察に行くのが好きだかわからないけどでもずっとここにいるわけにはいかないしまあ色々あるだろ 生理必要あるの言い方7ついいんです最近うちに来たばっかりなんだけどああいう性格なんで困ってるんですけどこの知ってる人も7つで施設に入ったって言ってたからあの子みたいだったのかなおばさんちょっと先に帰ってくれないかなしたいことあるからあのすみません何か御用ですあのここに昔麦野はじめくんという男の子はいませんでしたかごめんなさいそういうのはどうかしましたこれはあなたを書いたんですよね頃に書いたんだろうけどもしかしてこれ始めたんじゃないですか書いただろうかいたに違いない関係なの最近来てないみたいだけど何でバイトでも忙しいんじゃないみたいだし 京都してる人に対して死んだと思わないのそんなことしているかずいぶん前から俺と別れたらもっと落ち込んでたけど私はもう少しでも喜ばせてあげたいな今まで散々買ってもらったのに何もお返しできてないし本当に寄ろうと思ってんのかよくだらないことしてないでちゃんとしたら心配して顔出さないからってそれで伝言頼まれた大切なものを預かってるから取りに来て欲しいってお母さんからの手紙それは分かるんじゃないのかななんでお母さんが出てっちゃったのか一君の知りたいんでしょなんでそんなことしたのか 元気だったすいません誤作動してあなたが高校卒業してここを出てった後お母さんが持ってきたのできれば会いに行ってあげてほしいこの手紙を読んでいるってことはあなたはきっと立派な大人になって毎日一生懸命生きてるんでしょうねでも7歳の時自分を置いて出て行った母の事を許せないでいると思いますあなたが幼い頃から私はギャンブルがやめられないあなたのお父さんの借金に苦しみましたお父さんが死んでからも毎日毎日借金の返済に追われ辛く苦しい現実から逃げたくて私は覚醒剤に手を出してしまったんですやめようやめようと思ってもダメでした怖くなった私は一緒に死のうと思いでもその時あなたの手に赤い絵の具が握られているのに気がついたんです私は自分がやろうとしてることの恐ろしさに体が震えましたこの子の未来は決して奪ってはいけないそう思った私はあなたを施設に預け自首して罪を償うと決めたんですでも刑務所を出た後に私はまた同じ罪を犯してしまいましただからあなたに会う勇気が出ませんでした何年かして更生施設で懸命に励ましてくれた職員の男性のおかげでやっとたちなることができその人と家庭を持つことになったんですただその人には亡くなった奥さんとの間に子供がいたのであなたのことを言い出すことができませんでしたこんなこと言う資格はないけど今はただ僕がピカソを超えてお母さんに楽させてあげるからねと言ってくれた初めの大好きな絵で成功して素敵な人と幸せな家族を作ることだと思っています 初対面だろお前初めまして私はあの一君のなんて知り合いの根元カホコと申しますすみません養護施設の園長さんが預かってた手紙読ませて頂きましたはじめくんは今でもピカソを超えるためにすっごく頑張ってる子たくさんの人を幸せに出来る素晴らしい絵を描ける画家になるだろういやなるに違いないと信じていますあそうだねお母さんが買ってくれた赤い絵の具持ってて今はなくなっちゃったんですけどでも本当に持ってていいんだよ俺のことなら大丈夫だから結構幸せになってるし新しい家族作りますからだからこれからも幸せでね 神田30分まで行ってきますので 韓国人との愛とか信じてもいいんだと思える力をくれるんです一緒ならもうひねくれたり人を妬んだりしないで陽のあたる場所に入る勇気が出るんですだから僕にさせてくださいどうするんだいずみだからこっちも本気で反対させてもらうから今まで見た中で一番怖い顔かもしれないすぐに行きます

過保護のカホコ第9話の動画

 カホコ(高畑充希)は泉いずみ(黒木瞳)と正高まさたか(時任三郎)に初はじめ(竹内涼真)との結婚の許しを乞うが、本気の二人を前に泉は自分も本気で反対すると宣言。そんな中、初代はつよ(三田佳子)が意識を失い、親戚中が病院に駆けつける。初代の余命が短いことを受け入れられない泉は、どうしても母を助けたいあまり治療法を巡って再び姉妹喧嘩を始めてしまい…。

 心細さを感じるカホコを、初は初代の意識が戻った時に喜んでもらえるよう二人で家族の問題を解決して、結婚についても応援してもらおうと励ます。
 早速親戚たちに結婚したいことを報告するカホコだったが、初代の病気は自分の行いのせいだと泣く福士ふくし(西岡德馬)に、離婚することにしたといじける環たまき(中島ひろ子)、イト(久保田紗友)を勘当したと言う節せつ(西尾まり)と、自分たちのことで精一杯の皆が応援してくれるはずもなく…。つきっきりの看病で焦燥しきった泉は、家族の絆を修復しようとするカホコに思わず冷たい言葉をかけてしまう。

 大好きだった家族を誰も救うことができず無力感を感じるカホコを励ますため、初はカホコを抱きしめようとするが…。タイミング悪く現れた正高が今度は教子きょうこ(濱田マリ)がやらかしてしまったと話し、一同は根本家へ。そこには以前施設を飛び出した保たもつ(横山歩)の他にも、親の帰りが遅いため行き場のない子供たちに夕飯を食べさせようと家に連れ帰ってきてしまった教子がいて…。子供たちを家に帰そうという正高たちだったが、カホコにはあるとんでもないアイデアが浮かぶ。それはカホコの将来を左右するひらめきだった。

昏睡状態から目覚めた初代は、泉とカホコに「家に帰りたい」と懇願する。久しぶりに我が家に帰った初代は、三姉妹とカホコに最後のお別れをする。命の灯はやがて消えようとしていた…。

そんな事ってありなの?という話で前の話が終わっていたところに、今回がまさかの流れになります。

過保護のカホコ第9話 話事のネタバレが知りたい方はこちら

第9話を見る

この小さな王国に住んでいるお姫様はこの小さなお城で22年間大事に大事に育てられていたがついに女王が恐れていたその日がやってきた これからどうしたらいいかさっぱりなのでもいいからお前はもう っていうか来ちゃうんだよね私からしたら何しようちゃんみたいに悩んじゃってんのって感じないそんなに 顔怖はじめくんと結婚しますこの前一緒に料理教えてもらってバーバと色々話せてすごく嬉しかったよトマトバーガーのこと知りたいからさまだ天国行っちゃだめだよパパが目覚ました時に皆が幸せでいられるように頑張るからそんな約束しない方がいいんじゃないのお米はこぼしちゃった誰もスーツも大変みたいですバーバの意識も戻るかここはバーバが元気になるって信じてるから去年の夏みたいにみんなで海水浴行ってスイカ割り行って来るって信じてるからママもそう思ってるからずっとずっとここにいるんでしょだからかっこ頑張ってくる こっちも緊急事態なんだよ伊藤ちゃんがどうしてるか気になって電話したら俺が言ってんだよ なんとかなるってちゃんとまま枯れちゃったあの二人もきっとすぐ元に戻れるってそんな弱気でどうすんなよいつか家族みんなのことを愛の詰まった素晴らしい人だって今も信じてるこれからも信じ続けるってだからあんまり思うんだよまたはじめ君がいるから 調理師の免許は曲は今から免許を取ればいい場所と家の2階が空いてるだろう 大丈夫辛くないですか何かあったらいつでも呼んでくださいねありがとうそれでは酸素マスクつけますね頭お願いします まもるくんは心仕事が忙しいみたいですごめんねたまきのこと弱い体で産んじゃってそんな事言ってんのよ雪はどうしてるから安心して一番厳しかったこと愛しすぎたんじゃないの大事なのはその愛に自由があるかどうか考えることを奪わないでずっと大変だったからもう明日から何も心配しなくていいともするけど 何を書きたいのかわかったこれからは人間が必死に生きている姿とか大切な人を愛する姿を書いていきたいと思ってますどこか教えてください心残りなのもらったのやっとこのうちの嫁って認めてもらえた時そうなんだもらってくれる大切なものこれからはあなたがこの人家族のこと守ってちょうだいねみけんお前はおこなっておりうちの家族のこと愛してるじゃないでそのままもっともっと長生きするんでしょ年取ったので必ず先で死ぬのやめてははどんなに辛くてもちゃんと寝てちゃんと食べて好きな人と手を離さないでみんなのこと頼んだわよ パパ大好きだよ

過保護のカホコ第10話の動画

 カホコ(高畑充希)は、家族を失って辛い時こそ結婚すべきだという初はじめ(竹内涼真)の言葉に後押しされ、看病疲れで体調を崩しながらも結婚に反対する泉いずみ(黒木瞳)と正高まさたか(時任三郎)に、改めて結婚を認めてもらえるよう頑張ると宣言する。

 初代はつよ(三田佳子)を亡くして落ち込む福士ふくし(西岡德馬)を心配したカホコは並木家を訪ねるが、家の中に人の気配は無く、福士は電話で初代に会って来ると言い残す…。心配したカホコは、警官の衛まもる(佐藤二朗)の力を借り、環たまき(中島ひろ子)と節せつ(西尾まり)に聞いて福士が行きそうな場所を考えるが、思い当たるような場所は無く…。さらに、離婚したばかりの衛と環は気まずい雰囲気に。そんな時、騒ぎを聞きつけた泉が二人の思い出が詰まった場所は家しかないと断言。初の力も借りて祖父母の家の中を捜索したカホコは、庭の隅で泣きながら小さくなっている福士を見つける。初代を幸せにできなかったと自分を責める福士に、カホコは初代から聞いた福士との思い出を話し…。さらに、ギクシャクした衛と環に、カホコは初の力を借りて「過去を悔やんだり将来を不安に思うより、今の自分たちを信じて生きた方がいい」と説得。元気を取り戻し、家族写真を撮ろうとする福士だったが、カホコはまだイト(久保田紗友)がいないと話す。

 チェロを売り払おうとするイトを待ち伏せしたカホコと初は、チェロを奪って逃走。カホコは、自分がイトのチェロを買って、必要になったらイトにあげると話す。カホコのお節介ぶりに呆れるイトだが、カホコはどんなに嫌われても自分とイトの家族の糸は切れないのだと言う。初からも自分の好きなものから離れてはダメだと励まされたイトは、カホコからチェロを受け取る…。

 今度こそ泉に結婚の許しを貰いに行こうと話す初だったが、初を連れてカホコが向かったのは根本家。子供達のための施設を作る準備に追われながらも、借金の問題を解決できていない教子きょうこ(濱田マリ)に、カホコは自分の貯金を使って借金を返し、保育士の資格を取ったら一緒に働かせて欲しいと話し、皆を驚かせる。さらに、カホコの結婚の話を聞いた正興まさおき(平泉成)と多枝たえ(梅沢昌代)は結婚式をすべきだと張り切りだす。
 ついに家族の問題を解決し、泉と正高の許しを得に向かったカホコと初。一生切れない親子の縁で繋がった母親として、自分以上にカホコを幸せにできるのかと迫る泉に、初が返した答えは…。
 そして、結婚式当日。泉の同意を得られないまま、カホコと初の結婚式は始まろうとしていた。

いよいよ最終話、ラストがどんな展開になるのか気になりますね。

過保護のカホコ第10話 話事のネタバレが知りたい方はこちら

第10話を見る

この小さな王国に住んでいるお姫様はこの小さなお城で大事に大事に育てられたが ハジメくんとふたりでどんなに辛い時でも強く明るく生きていきたいから いきそうな場所そんなのひとつしかないじゃないだってとこ草加市だっていなかったよもう1回探してばあばの思い出がいっぱい詰まってる場所はそこしかないんだからそっかわかった バーバがお庭で水まきながら子育てのこととかで悩んでた時にいきなり尻が後ろから水鉄砲で攻撃してきてバーバがホースの水でやり返したら二人とも体中びしょびしょになっちゃったよ大笑いしたりとかあきにばあばが落ち葉集めてたらじいじがせっかく集めたと顎にかけて遊びだしたりとかじいじと一緒にいるとくよくよしててもしょうがないなって辛いこととか苦しいこととかふとんじゃんだってだからさもっとも明るくていたずら好きで質が皆で一緒に写真撮ろうっていう字に戻ってよそうよパパのもきっとそれを願ってるよまたすぐ拗ねてもいいからさ 家族みんなで写真と僕が もしかしてまた先延ばしにしちゃったとかまた明日のとか言ってないで来たしに向けて着々と準備から6人でやってたみたいな自由に来れて本当の親のような愛情いっぱい受けられる場所を作りたいのだって自分が傷ついたり失敗したりしてもいつでも帰ってこれる場所があるって事がどれぐらい幸せなことか私が一番よく分かってるつもりだからさお父さんお母さん今まで本当にありがとう二人のためにも頑張るから私許してもらえますか パパはカホコがそう言うならそれから結婚のことなんだけどできれば今度の水曜日に婚姻届は出したいと思っています初めてでも全然やるつもりなかったんだけどでもおじいちゃんに言ったらそんなんじゃダメだって言われてもキュートな場所とかお金もないしって言ったら一君の施設に曲があるからそこでやって園長先生に掛け合ってくれてそしたら私は私を離しちゃった10日のまま許してもらえませんか幸せにする覚悟があるかどうか私はなくて辛い不妊治療の末死ぬんだだからこれからか不幸にどんな苦労や間違いがあっても知らん顔出来ないねあんたは離婚したら他人になれるけど私はここの人生に一生責任を持って行かなくちゃいけないのでもあなたに何ができるのあなたは潜在するだけでしょ離れたくないから家族になりたいからどんなときもそばにいてこの手を離さないでいつかお母さんに認めてもらえるように頑張りますからこんなところでよかったらかんたらどうかなと思って良かったら教えていただけますか おめでとうこれでウエディングドレス知り合いがレンタルのお店やっててね顔が一番似合うの選んできたとしても今日婚姻届だしてきたもっともっと大切にするからね みんな今年はやらないって言ってんの親父さんも予定があるって言うし私の愛とかとはそんなもんだったなちょっとうまくいかなかったら自分たちの結婚式も取りやめにしちゃうわけそんなに辛くても頑張りますとか言われこっちがおかしいんだよみんな来て 怒られたのもしかおこちゃんに感謝の気持ちがあるならちゃんと伝えに来いってかおちゃん私も絶対音楽から離れないから誰でも作曲でもなんでもやって音楽で人を幸せにするそんな簡単なことじゃないかもしれないけど絶対諦めないからかほこちゃんみたいここにいるみんなやこれから出会う人がいっぱい幸せにしてあげなさいみんなの心のドアを開ける鍵を持ってるからお願いが二つあります一つ目はハグしてくださいいいからいいから二つ目は二つ目は大長生きしてねどうもいなくなった時ママがすごく落ち込んでるの見てたらママがいなくなったら困っちゃうんだろうって思ってだから僕が僕がもういいって言うまで来てやるありがとうママありがとうありがとうありがとう大好きだよ こうしてお姫様は小さな王国の新しい女王になった それなら今日はさ7枚も売れたんだよねなコンビニのバイトはないから多分多分じゃ困るんだけど こいつ漏らしてる私たちは信じているいつも守られてばかりいたあの過保護のかほ子がその混じりけなしの間ぎゅうぎゅうに詰まった強さで家族そしてこれから出会う人たちを守っていくだろうなその手を離さないで生きていくから見ててね